VIO脱毛を体験しよう

subpage01

最近よく聞くVIO脱毛とは具体的には何を指すのでしょうか。

一言で言えば、アンダーヘアの脱毛です。


VIOはそれぞれ場所を示しています。

Vはビキニライン、前から見える部分です。Iはその奥、性器周辺になります。Oは肛門周辺です。VIO脱毛は、V、I、Oそれぞれの箇所だけ行うことも、組み合わせることも可能です。

一般にはVIO全てを一緒に行うことが多いようです。
その方法もさまざまです。
Vゾーンはカミソリや毛抜きで自己処理することも可能ですが、肌のためにいいとは言えません。
Iゾーン、Oゾーンに至っては、見えにくい場所なので自己処理するのは大変難しいです。
従って、VIO脱毛はプロに任せた方がいいと言えます。エステサロンや医療機関でのレーザー脱毛が従来主流でしたが、最近はワックスによる脱毛も人気です。VIOゾーンにワックスを塗り、それを一気に剥がすことでアンダーヘアを毛根から抜くことができます。
私もサロンで体験しました。


とても痛そうで緊張しましたが、思っていたよりは痛くなく我慢できる程度です。

30分程度で全てが終わってツルツルになった時は感動しました。
ワックス脱毛は永久的なものではないので、6週間程度でまたサロンに行かなければ状態をキープ出来ませんが、お手頃価格で時間も痛みも少なくて済むのでおすすめです。
何よりVIO脱毛後は、月経やおりものによる不快感が軽減され本当に快適です。
また、今まで躊躇していたセクシーで小さな下着を着けてみたり、自信を持って水着を着たりすることもできます。


VIO脱毛はいいことずくめです。


ぜひ一度体験してみてください。
ムダ毛の処理といえば、女性にとってみれば欠かせないエチケットでもあり、エステやクリニックでの脱毛で綺麗な肌を維持している方も多いのではないでしょうか。

腕や脇、うなじから背中にかけては、シーズンともなれば露出されるファッションも多く、欠かすことのできない部位でもあります。
綺麗な肌を手に入れたいということに合わせ、他人の目も気なる事からも、脱毛は欠かせません。


しかしながら、意外と見られてしまう部分でもあり、処理を忘れがち、または抵抗を感じる部位になるのがVIOと呼ばれるデリケートゾーンのムダ毛の処理ではないでしょうか。
露出の多い水着は着ないと言っても、はみ出してしまう危険性もありますし、伸び放題のアンダーヘアーはパートナーからも疑われてしまいます。

特に注目したいのはVIO脱毛の中でも施術を受ける方が少なくないOライン、つまり肛門周りのムダ毛の処理は、大切なエチケットとなります。VIO脱毛の中でも自分でも目視できるビキニラインやIラインと呼ばれる性器周辺のムダ毛は注意できますが、肛門周りは目視もできない上、案外ムダ毛が生えているものです。普段の生活では差し支えないと言っても、パートナーとの特別な時間を過ごす中では、間違いなく露出される部分でもあり、男性が注意深く見てしまう部分とも言えます。

その時に綺麗に処理されていれば、より愛されると言っても過言ではありません。
即ち、VIO脱毛の中でも肛門周りのムダ毛の処理は必須な項目と心得ましょう。

今すぐ使える法律の相談が有名になってきました。















関連リンク

subpage02














VIO脱毛のメリット

無駄毛の自己処理は時間と手間がかかり、また剃刀を使うことで肌が荒れやすくなったりと、無駄毛との戦いは美を求める女性にとっての悩みの一つです。なかでもアンダーラインや肛門まわりなどのデリケートな部分であるVIOを自己処理するのは難しいため、医療機関やエステサロンでの脱毛を選択するのがおすすめです。...

NEXT
subpage03














VIO脱毛なら肌の負担も軽減できる

デリケートゾーンのムダ毛というのは、日常的に手入れをしていないからといって困るようなことはありません。余程のことがない限り、人の目に触れる場所でもありませんからそのような機会さえなければ、手入れをしなくても特に問題になるということはありません。...

NEXT